image

過払い金の借金相談で金額の計算をしてくれます

借金を返し終わって、とても安心している人はたくさんいるでしょうが、今一度見直してみると、もしかしたら過払い金があるかもしれません。借金を返し終わってから10年以内であれば、過払い金の請求ができるのです。

過払い金を計算してもらいたいという人は、弁護士や司法書士などに依頼すると良いです。弁護士や司法書士などに依頼すると、借金相談を専門にやっているところがあります。計算を無料でしてくれるところがあるので、気軽に依頼することができます。過払い金を取り戻すことができれば、先の人生さらに明るくなるかもしれません。

過払い金請求が弁護士の方が高いのにいい理由は?

過払金請求を依頼するのであれば司法書士よりも、弁護士の方がいいという情報をよく見かけます。一体どの辺が司法書士よりもいいのでしょうか?司法書士は、着手金がないため相場2万円あたりまず差が出ます。(司法書士の方が安い)

1社2万円ですので、5社の過払い金請求を依頼した場合には着手金だけで10万円の差が出ることになるのです。それだけ法律事務所の方で費用が高い理由は、それだけ浮けることができる仕事の幅が広いからです。司法書士は140万円までしか対応することができません。つまり過払い金が140万円以上あった場合にはその仕事を受けることができないのです。

弁護士に依頼できる過払いの請求

借金の返済を長く続けてきた方にとって、借金問題の解決と共に意識したい事柄として過払い金の有無が挙げられます。利息として返済し続けてきたお金には、余分に支払い過ぎたお金が発生している場合も多く、返還要求を借入先に請求手続きすることで、返ってくるケースもあります。

金融会社への働き掛けや手続きが必要となるため、弁護士や司法書士などを通じた手続きが有効的でもあります。個人的に対処するよりも速やかな対応が見込めると同時に、返金された金額によっては借金の完済を目指すことも可能であり、法律事務所などによる丁寧な対応に期待したいものです。

借金の過払いに対応してもらえる弁護士

借金問題が取り扱われている弁護士や法律事務所では、返済方法や債務整理に関する手続きやアドバイスと共に、過払いに関する相談も多くあります。長期間に渡って借金の返済をしてきた方などは、支払いを過剰にしてしまった利息がある可能性が高く、それに対する返金請求の手続きとして進めることで取り戻せます。

借金の借入先への交渉が必要とされるため、自身で行うよりも法律の専門家へ相談や依頼で仲介してもらうことで、速やかに対処してもらえると認識されています。相談業務が無料で受け付けられていることもあり、費用を気にせずに利用することができます。

過払い金は弁護士が取り返してくれます

過払い金は法律で定められた利息よりも多く払った分を、さかのぼって返してもらうことができる制度です。この制度を利用するためには、弁護士に借金相談を行い、どれくらいの額があるのかを調べてもらう必要があります。そして多額の払いすぎた利息がある場合は、その金融機関に対して代理で申請を行ってくれます。

その金融機関にまだ借金がある場合は、元本に充当してもらうことができるので、借金の大幅な減額をすることができます。無料相談を行っている法律事務所がたくさんありますので、借金で困っている方はすぐに相談するようにしてください。

過払い請求についての記事