image

時効よりも早く過払い請求と債務整理を行う

過払い請求は時効を超えると難しくなります。

それまでに借金を返済する時点で、返済が難しくなった時に債務整理を行うのと同時に過払い請求まで行ってしまう事もある様ですね。この様に返済に困って相談に来る人は多い様です。

返済中に行うのであれば、全く時効の心配はありません。時効を気にする人もいる様ですが、中にはこの件についてさほど気にしなくていいケースもあるかと思います。

むしろ債務整理を行って、的確に借金問題を解決する事が何より大事だと思います。債務整理を急ぎたいですね。
過払い請求だけで借金をゼロにできない場合が多いかと思いますが、かなり金額を減らすのに役立つ事もあるみたいです。

過払い金請求なら弁護士が一番!

過払い金請求を考えているのであれば、弁護士に依頼するのが一番間違いも面倒もありません。司法書士に依頼するという手もあるのですが、なぜおすすめしないのかをいうと、司法書士は140万円以上の案件には手を出すことができないからです。

最初に司法書士の所にいって、もし140万円以上の過払い金があることがわかった場合には再度法律事務所に相談に行かなければならないのです。そうなってしまったら二度手間じゃないですか?それなら最初から確実に、すべての案件に対応できる法律事務所に依頼してしまった方がスムーズだと思います。

弁護士に過払い金依頼をする手段

自分に過払金があることがわかり、費用も戻ってくるお金の中から支払いことができるとわかったので、正式に弁護士に依頼をしたいと思った時に、どのように進めていけばいいのでしょうか?まずはインターネットなどで過払い金に強い法律事務所を探します。

検索をかける時に「借金 過払い 強い 事務所」などとキーワードを入れて調べるとすぐに出てきます。しかし書面を見ただけでは自分に合うかどうかはわからないと思うので、実際に話を来てみることをおすすめします。実際に店舗にいってしまったら断りにくいというのであればまず電話で雰囲気だけ確認してみるのも手です。

弁護士がおこなう過払い請求事情

弁護士がおこなう過払い請求事情については、法的に認められていることがあげられますが、多重債務をしている債務者であってもおこなう人は少ないとされています。その一つの要因としては弁護士費用などが煩わしく思っている人も多いでしょう。

しかしながら、最近では20パーセントの成功報酬しかかからない法律事務所などもあり、想像以上に費用がかからないことが言えます。また、過払い金の請求に対しての対応も貸金業者によって、まちまちですので、そのようなこともしっかりと熟知している法律家に依頼することが一番の得策だと言えるでしょう。

過払い請求を弁護士に依頼

過払い請求を弁護士に依頼する事は、多くの人がおこなっていて当然の権利でありますので、まずは自分に心当たりがあるのであれば、対応してもらうことが大切になるでしょう。人によっては必要ないと諦めてしまう人もいるでしょうが、非常にもったいないことがあげられるでしょう。

請求には期限がありますので、早めに対応してもらうことがポイントになります。過払い金の請求については、債務整理の一つの方法として知られています。万が一、借金を抱えてしまった場合には、合わせて債務整理の相談も実施されていますので、一度利用してみるとよいでしょう。

過払い請求についての記事