image

B型肝炎訴訟は解決し給付金支給へ

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスによって引き起こされる病気で、劇症肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝ガンに進行する場合もあり注意が必要です。死亡率が70%の劇症肝炎になる方は2%程度、慢性肝炎、肝硬変、肝ガンに進行する方が10%~15%と言われています。

B型肝炎ウイルスは感染者の血液や体液から感染しますので、そう簡単に感染するものではありませんが、かつて日本国内では子どもの集団予防接種において、同じ注射器を使っていたために、大勢のB型肝炎感染者を生むことになりました。

国を相手に集団訴訟が起こされ、現在は給付金が支払われることで一応の解決を見ています。

B型肝炎給付金の存在を知るために

過去に実施されてきた集団予防接種は、幼少期に義務付けられていた事柄の一つであり、注射器の連続使用が行われる事でB型肝炎ウイルスが広まる原因となってしまいました。多くの方に感染している可能性が考えられていると同時に、症状として抱えられている方の割合も多く、B型肝炎給付金が支払われることで、国からの救済措置とされています。

正しく給付金を受け取るためには、裁判所へ出向く必要もあり、手順に沿った手続きを行わなければなりません。多くの情報を集めるなどの目的として、弁護士への相談を行う方も多く、疑問点や手続きに関する注意事項などを詳しく聞けます。

訴訟も必要なB型肝炎給付金の手続き

B型肝炎給付金を受け取るためには、一連の流れが定められており、給付金による救済を求める際において、用件を満たしていることが条件として挙げられます。まず、訴訟手続きを行うことから始められる必要があり、国を相手取った国家賠償請求訴訟の提起が行われます。

国との間で和解協議が行われた後、書類提出などを経て、実際の給付金受け取りが進められます。手続きの対処が行えなかったり、そのように進めれば良いか分からない場合においては、弁護士に相談することも可能であり、代理業務として弁護士へ手続きを依頼することもできます。

B型肝炎給付金における事情背景

昭和23年以降に行われてきた幼児への集団予防接種では、注射器の連続使用が行われてきたことで、B型肝炎ウイルスの蔓延原因に繋がってしまいました。感染被害者と弁護人によって結成された団体によって、国への賠償責任が強く求められ、現在ではB型肝炎給付金として、国からの救済措置が取られています。

給付金の支払いを正しく受けるには、定められた所定の手続きを行うことが必要とされています。給付金の受け取り対象として条件に含まれているか確認がなされる他、国を相手取っての訴訟を起こす必要もあり、弁護士への相談が有効的です。

対象者に支払われるB型肝炎給付金

過去に行われてきた集団予防接種においては、注射器の連続使用が続けられた結果、B型肝炎ウイルスの感染被害が広く見受けられるようになりました。多くの方にとって発症の不安が抱えられる中、国からの救済措置として取り入れられるようになったB型肝炎給付金の制度は、一定の条件項目を満たしている対象者へ支払われています。

自分が対象者であるかどうか調べるためには、弁護士への相談も有効的に活用できます。また、国を相手にした訴訟を通じて和解協議が実現されることも必要であり、手続きの作業対応についても相談に乗ってもらうことが可能です。

B型肝炎訴訟についての記事