image

必要となるB型肝炎や訴訟の情報

今後、自分や家族がB型肝炎訴訟できる対象となっているかもしれない、という人はB型肝炎や訴訟に関する詳しい情報を求めている事もあるかと思います。

インターネットを利用できる環境においては、楽に情報収集をする事もできるかと思います。国や関連する公的な機関のホームページの中からも、B型肝炎に関する情報を集める事ができます。

また、個別に弁護士などのホームページを見る事で、訴訟に関する流れや費用などいろんな事を知る事ができるかと思います。

弁護士に依頼すれば、後の手続きは任せられる場合も多いですが、やはり自分でも、できるだけたくさんの事を知っておいた方がいいかと思います。

B型肝炎訴訟の給付金を受け取るには証明書類が必要

一次感染における給付金を受け取るには、国が行なった集団予防接種において、注射の使い回しからB型肝炎ウィルスに感染したことが証明されなければいけません。継続してB型肝炎ウィルスに感染していることを、医療機関で6ヶ月の期間をあけて、2度検査を受けて診断書を作成してもらいます。

その他に、集団予防接種を受けた記載がある母子手帳や、母子感染がなかったことを証明する書類などを用意し提出します。国に対して訴訟を起こす手順で進み、後遺症の程度に応じて給付金が決まります。検査にかかった費用は、上乗せして支払われます。

和解迄に20年以上かかったB型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟は5人の被害者が国に対して裁判を起こしたのが始まりです。第一審判決では国が勝訴しますが諦めず二審を経て最高裁では国の損害賠償を認める判決が出ました。

金額は大きくはありませんでしたがこの行動を受け注射器の連続利用が元でB型肝炎になった全国の患者が動きだし少しずつ、全国で訴訟が提起されていきました。裁判所の仲介のもとに和解協議の検討が行われ20年以上の歳月を経て和解が成立しました。

長きに渡るB型肝炎訴訟の間に亡くなった方もいますが特別措置法も施行されました。この特別措置法では裁判の簡素化が行われています。

過去に起こされたB型肝炎訴訟を通じて

昭和23年以降に実施されてきた集団予防接種に置いては、注射器の連続的な使用に伴い、B型肝炎ウイルスの感染拡大が見受けられました。多くの方にとって被害感染が懸念される中、国に対しての賠償責任を行うためのB型肝炎訴訟が起こされた結果として、救済措置である給付金の支払いが行われるようになりました。

定められた手続きを終え、一定項目の条件を満たすことで対象としての支払いが受けられます。対象方法などについて疑問や不安が生じる場合には、弁護士の存在も活用されており、相談業務や手続きの代行業務が取り扱われています。

B型肝炎訴訟に関連する裁判も

他の裁判を行っている時に、一緒にB型肝炎訴訟も考えている場合があります。症状によっては、色々な裁判を一気に行ったほうがいいとされますので、相談して生きている間に結果を求めたり、最後に残せるお金として考えるようにしています。

実際に起こっている問題点などを確認して、これなら給付金が受け取れると判断できるなら、しっかりと裁判を行ってください。B型肝炎訴訟について、多くの弁護士が担当しているのは事実です。どこでも相手をしてくれる可能性があり、困っている時にはすぐに聞くことができます。相談だけなら無料なので、困っている時も安心です。

B型肝炎訴訟についての記事