image

過払い請求を行った際の影響

グレーゾーン金利など法外な金利で融資を受けていた人は利息を多く支払っていた期間が出てくるため、過払い請求によって支払い過ぎた分の返還を求めることが可能です。

基本的には完済後に行われるケースが多いと言えますが、過払い請求を行った際の影響について心配になってきます。いわゆるブラックリストと呼ばれる信用情報機関への登録がありますが、現在では過払い請求に関しては登録されないようになっていますので、特に問題となるような影響はないと言えます。

しかし、過払い請求を行った金融機関では解約扱いとなり以降は融資を受けることは現実的に困難となります。また金融業者間の合併などがあると、これまで利用できた金融機関も利用できなくなる可能性があります。

弁護士への相談が役立てられる過払い

借金の返済を続けていく中で、利息として支払いすぎていた金額が発生しているケースもあり、過払い金として問題対処できる場合があります。借入先である金融業者へ請求することが可能とされており、支払い過ぎていたお金が取り戻せることもあります。

個人的に対処することも可能ではあるものの、弁護士や法律事務所などへ相談を行うことで、よりスムーズな問題解決が見込めます。無料での借金相談の一環として取り扱われていることもあり、親身に対応してもらえるだけでなく、借入先からの督促を留められるなどといったメリットも挙げられます。

弁護士によって対応される過払いの請求

借金の問題を抱えている方にとって、返済方法や債務整理などと共に気にしたい事柄には、過払いの有無が挙げられます。返済時に支払ってきた利息分には、支払い過ぎている金額が発生しているケースもあり、返金要求である請求手続きを行うことで返金されます。

借入先である金融会社を相手取った手続きとなるため、弁護士や法律事務所への相談が、速やかな問題解決へとつなげられるとされています。直接的な連絡を取るなどの面倒な作業としても手続きに付随して依頼できる他、返金された金額次第では、借金の残額返済に充てられるなどの要素も見受けられます。

弁護士に過払い請求を依頼すると費用は?

過払い請求を弁護士にできれば依頼したいが、お金がどれくらいかかるのか不安で中々依頼できないという人が多いと思います。確かに安くはないです。しかし将来的に戻ってくるお金を考えると支払う価値はあるかなというところです。

まずかかってくるのが着手金と呼ばれるもので、こちらは契約金と思っておくとわかりやすいです。こちらは1社に対してかかってくるもので、当然請求する会社が増えれば、金額もあがっていきます。この価格は法律事務所によって異なっているのですが、1社2万円が平均と言われています。このほかに戻ってきたお金の何パーセントかを報奨金として支払います。

弁護士に依頼して過払い請求をしない方がいい人っているの?

過払い請求は本来支払わなくていいお金を余分に支払っていたので、後からその余分なお金分を請求するというものですが、弁護士に依頼しても、行わない方がいい人がいます。それば現在返済途中の人です。返済途中の過払い請求は債務整理にあたるため様々な障害が出てきてしまいますし、交渉してもらってもうまく進むことの方が少ないのです。

相手からしたら「現在お金を貸してあげているのに、お金を返済するのはどういうことだ」という印象を持たれてしまいます。最悪の場合では残っている返済分一括請求に繋がってしまったり、訴訟につながってしまったりします。

過払い請求についての記事