image

過払い請求の前に確認

すべて法律家任せにするのではなく、過払い請求の前には確認しておきたい事があります。

まず、取引に関する書類が残っているかどうか探す事が必要です。
捨ててしまったりしていて、見つからない場合には、その事も併せて法律家に伝える必要があります。書類があった方がもちろん、話は早く進む可能性があります。

書類がなくても手続き自体は可能の様ですが、その分だけ手間や時間がかかるだろうと思われます。また、過払い請求をどの弁護士に相談するのか決めないといけません。

弁護士や司法書士に法律相談を正式に依頼するに当たり、印鑑や身分証明書などが必要になる事もある様です。
必要な物は事前に用意しておきましょう。

弁護士に過払い金がどれくらいあるのか調べてもらいましょう

借金で苦しんでいる方は、借金相談を行ってください。無料相談会を行っている法律事務所がとても多いので、気軽に利用することが出来ます。基本的には着手金は無料で、成果報酬制にしている法律事務所がほとんどです。

正式に弁護士に依頼をすることになると、借金がどれくらいあるのか正確に把握することが出来るのと、過払い金がどれくらいあるのかを把握できます。過払い金は払いすぎた利息を返してもらうことが出来る制度で、過去の借入金も対象となりますので、多額の払いすぎた利息がある場合もあります。請求などは弁護士が代理で全て行ってくれるので、簡単に請求することが出来ます。

弁護士などによって解決される過払い問題

借金問題については弁護士や法律事務所などへ相談を行う方も多く、返済方法や債務整理の手続きなど、借金をどのように解決させれば良いかといった対策が進められます。また、返済を続けるにあたって、利息として支払いすぎている過払い金が発生していることも多く、借入先の金融会社へ請求を行うことで取り戻せます。

法律に基づいた情報や判断材料が取り入れられることも重要となる他、個人で対処するよりも速やかに対応してもらえることが見込めるとして、法律専門家の存在が役立てられています。無料での相談が行えるシステムも整えられるなど、工夫されています。

確認しよう、過払い請求の弁護士費用

すでに借金を完済している人で、5年以上の借り上げ期間があった方であれば、過払い金が支払われる可能性が高いです。すでに当時の書類等が残っていなくても、業者の名前さえ覚えていれば対応することが可能です。ですが、10年以上経過している場合では、時効が成立しているため請求することができません。

そのため、できるだけ早く手続きする必要があります。まずは請求できるかどうか、一度過払い請求の専門弁護士に相談してみると良いでしょう。一般に確認だけであれば無料でおこなっているケースが多いです。請求した場合の返金額、また依頼する場合は、弁護費用もしっかり確認することが肝心です。

過払い請求、弁護士事務所で変わる依頼費用

過去の借金で、グレー金利といわれる払いすぎた利息分がある場合は、完済後10年以内であれば専門の法律事務所を通じて請求することができます。実際に返金額があるかどうか確認するために、無料でおこなっている過払い請求相談窓口に問い合わせると良いでしょう。

すでに以前の書類を処分している場合でも取引会社を覚えていれば請求することが可能です。また弁護士によって、交渉のみでおこなう場合もあれば、状況に応じて裁判を起こすこともあります。この点は依頼費用にも関わってくるので、事前に弁護士費用について詳しく確認する必要があります。

過払い請求についての記事