image

過払いの可能性に関する借金相談

借金を返済している方の中には、過払い金が発生している可能性があるかもしれない、という悩みがある方もいるでしょう。そういった方が借金相談をする場合には、弁護士または司法書士に相談してください。

借金返済で今までに支払ってきた利息が、実は払い過ぎになっていることもあります。本来支払う必要のない利息分であった可能性も考えられますので、決して、ひとりだけで悩まず、弁護士や司法書士に相談されることをおすすめします。

依頼された件で過払い金があると判明すれば、返還請求すなわち貸金業者に対し、払い過ぎた過払い金を取り戻す手続を積極的に進めていただくことができます。

過払い金を弁護士さんに依頼して請求しよう

もしあなたがすでに完済が終わっている借金があるのだとしたら、電話だけなら無料で相談を受けている法律事務所が沢山ありますので、過払い金の有無を弁護士に確認してみてください。すでに完済が完了しているのでしたら、もし過払い金がなければそれで問題ありませんし、もしあったとしたら請求しなければ損です。

自分でも交渉することができますが、やはりプロに任せてしまった方が安心です。特に多重債務だった人は会社ごとに計算が必要になってきますので、余程もともとそういった計算になれている人でない限りは依頼してしまった方がスムーズでしょう。

過払い金の弁護士に依頼する利点を知りたい!

過払い金請求は自分でも請求できると聞きました。それでは自分でも請求できるのに法律事務所に依頼するメリットはどこにあるのでしょうか?最大のメリットは代理にすべて対応してくれるというところです。もし自分ですべてやる場合にはどれだけ過払い金があるのかを計算する所から、書類作り、借入先との交渉まですべて自分で行わなければなりません。

しかし弁護士に依頼してしまえば計算から書類の作成まですべて代行してくれるのです。もし自分が仕事をしているのでしたらその間をぬってそのやり取をする必要がありますが、その必要もなくなります。

過払い請求を弁護士に依頼した方がいい人

過払い請求は自分でも実はおこなうことができます。しかし相手はお金の貸し借りを生業としている借り入れ会社ですので素人が請求をしてもこちらの要求通りの金額を返済してくるというのはまずないと思っていいでしょう。そのような観点から弁護士にお願いするのがいいともいえますが、弁護士を雇った方がいい人は別にいるのです。

それは今、返済途中の人で、過払い請求を考えている人です。完済していれば問題ないのですが、実は返済途中の過払い金の請求は債務整理にあたります。そのためより交渉が厄介なのです。下手をすると訴訟につながってしまう可能性もあります。

返済後、返済途中の過払い請求も弁護士事務所へ

過払い請求には、借金返済途中でおこなう場合と、完済した後で過去の過払い金を返還させる方法があります。いずれも専門弁護士に依頼することが可能です。ですが人によって、借り入れ先の金利や借金額、取引期間がちがうため、返金額も大きく違ってきます。

そのため、過払い請求を依頼する場合は、事前に返金額を計算してもらう必要があります。完済した後であれば問題ありませんが、返済途中であれば、返金後も借金が残るようであれば、ブラックリストにのることになるので注意が必要です。さらに依頼費用についても考慮する必要があります。

過払い請求についての記事