image

B型肝炎訴訟から支給の期限は?

日本国内でB型肝炎の持続感染者のうち、集団予防接種で注射針を使いまわしたことが原因で感染した人は、40万人以上いると言われています。

このため、法律により、国に訴訟をして和解が成立すると給付金が支給されることになりました。対象となるのは、現在、B型肝炎に感染しており、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日生まれで、満7歳までに集団予防接種を受けて感染した人です。

また、この条件を満たす母親から感染した人も対象です。支給期限は、平成29年1月12日までが申請の目途とされ、病態に応じて、50万円から3600万円程度支給されます。

詳しく知りたいB型肝炎訴訟

過去に実施されてきた集団予防接種などによって、多くの方にB型肝炎に感染した可能性が考えられています。予防接種が実施される際、注射器が連続使用されていたことが原因とされており、B型肝炎ウイルスに感染した方に対して給付金が支給される制度も存在しています。

本人を含め、母子感染していると思われる方や相続人に対して支払われるものであり、B型肝炎訴訟による確認事項など、所定の手続きを行うことが必要とされています。国を相手とした国家賠償請求訴訟を起こすことが、正しい給付金の受け取り方とされており、手続きについては弁護士への相談も可能です。

B型肝炎訴訟から現在の制度に至るまで

昭和23年から行われていた集団予防接種では、注射器が連続的に使用されたことでのB型ウイルス感染の原因ともされています。被害者や弁護団によるB型肝炎訴訟が行われてきたことで、現在では、国からの救済措置である給付金が受けられるようになりました。

感染していると思われる本人と、その家族に対して支払われる制度が整っており、裁判所での裁判を起こすなど、所定の手続きが必要とされています。どのように対応すれば良いのか迷う場合については、弁護士によって相談業務が受け付けられており、詳しく情報収集することも可能です。

B型肝炎訴訟による国への責任追及

B型肝炎訴訟が行われてきた経緯には、昭和23念から義務づけられていた幼少期における集団予防接種などが挙げられます。注射器が連続使用されたことによって、B型肝炎ウイルスが蔓延する事態に発展してしまい、感染被害者や弁護団による国への責任追及が続けられてきました。

その結果、被害者への救済措置としてB型肝炎給付金がすぐに払われる制度が整えられており、必要な手続きを行うことによって給付が受けられます。手続きには細かい条件内容や項目が存在しており、国を相手取った訴訟などが必要とされるものの、弁護士へ相談することも可能です。

感染者によって行われたB型肝炎訴訟

昭和23年から幼少期人おける義務付けとして適用されていた集団予防接種では、注射器が連続使用されたことが原因とされるB型肝炎ウイルスの感染が拡大しました。感染被害者や弁護人たちによって、国への責任追及が行われたB型肝炎訴訟を経て、現在では、感染者の方への救済措置として、給付金の支払いが行われるようになっています。

給付金の受け取りには、正しい手順での手続きを行うことが必要とされており、国を相手とした訴訟を行うなど、イメージとして難しそうな作業が求められます。弁護士への相談を行うことや、代理手続きとして依頼することも可能とされています。

B型肝炎訴訟についての記事